生活保護不正受給

STOP生活保護不正受給※絶対やってはいけない事例集

生活保護を受けながら借金がある。債務や負債を隠し通せるか?

読了までの目安時間:約 3分

 

借金

正直申し上げて、判断が難しいところです。

基本的事項として、そもそも生活保護を受給している人よる借金は認められていません。
受給開始時に借金の事実が認められると、債務整理を経て自己破産を行い、借金が消滅するという流れになります。
借金をひた隠しにすれば受給可能ですが、後々の事を考えると、あなたが苦労する事になります。
したがって、隠すのはお勧めしません。

 

なぜかというと、毎月支給される生活保護を借金返済に充てるのは、非常に難しいでしょう。
正直に借金の事実を伝え、自己破産した方がよっぽどましであると言えます。

 

ただ、自己破産手続きの際の費用を工面できないという人も多いでしょう。
そんな人々の心強い味方として、「法テラス」という組織が存在しています。
法テラスは、弁護士費用を肩代わりする組織ですから、お金に関する不安はいりません。

そして、「通常裁判」か「管財人裁判」のどちらであるかにより、自己破産裁判に要する日数が異なります。
通常はおよそ3ヶ月、管財人はおよそ6ヶ月となります。
なお、管財人裁判が行われるのは、借金理由が浪費などの場合です。

 

ばれる可能性は低いが、素直に申告した方が良い

先述の通り、借金をひた隠しにする事は可能ですが、メリットどころかデメリットしかありません。
はっきりと申し伝える方が、よっぽどご自身のためですよ。

さらに、ポイントはこれだけではありません。

 

借金がありながら生活保護を受け取っている事実が、福祉事務所にばれてしまうかという点です。
結論から言うと、ほぼばれないと考えて良いでしょう。

【理由その1】まともな金融業者は、生活保護を受けている人に融資しない。

大多数の金融業者は、「安定かつ継続的な収入を得ている事」を融資条件としています。
「継続的な収入」という点では生活保護費も同じに見えますが、これは労働による収入に該当しません。
そういった理由から、生活保護を受給している限り融資を受けるのは絶望的です。
ばれる・ばれない云々の話ではありません。

【理由その2】業者ではなく、ごく近しい友人から借りている。

当人同士しか知らない事実ですから、当然事務所の調査が及びません。
借金はお勧めできないのですが、非常にばれにくいケースなので、困った時に頼れる存在となります。

 

タグ : 

不正受給    コメント:0